虫歯治療

虫歯が進行するまで、お口の中でどのようなことが起きているのでしょうか

虫歯の男の子虫歯は、親御さんなどから感染したミュータンス菌によって、引き起こります。

この菌は糖を分解する時に歯を溶かす「酸」と粘着性のある「デキストラン」という物質を作り、食べカスと細菌が結合し歯に付着するのが歯垢(プラーク)です。

このようにして虫歯菌が増殖しながら歯を溶かし虫歯が始まります。

虫歯が出来る原因は4つあります

虫歯ができる4つ原因イメージ虫歯は4つ「糖類、細菌、時間、歯質」の条件が重なったときに、出来やすくなります。 ですから、この4つの条件が重ならないようにして、虫歯にならないように注意しましょう。

糖質について
食べた後に残るカスに含まれる糖分は、虫歯菌が好むため、分解して酸を出します。

細菌について
本来、お口の中に虫歯菌はいませんが、親御さんなどから感染して、虫歯菌が定着します。

時間について
食後、時間が立つと食べかすを餌に、虫歯菌が酸を出し始め歯が融けていきます。またお口が酸性に傾くため、より虫歯になりやすい環境になります。

歯質について
歯の質が弱い方は、酸に対する抵抗力が弱く歯並びが良くない方は、歯磨きをしても食べかすが残りやすいため、虫歯になるリスクが高くになります。

虫歯治療の流れについて

小さい虫歯は一回の治療で終わりますが、大きい場合は詰め物や被せ物になる為、2~3度ご来院頂き治療が終わります。

虫歯がある部分を取り除きます

虫歯を除去した後虫歯の位置や深さを確認しながら、綺麗に取り除きます。

詰め物をお作りします

歯に付ける詰め物型取りをして詰め物を作り、次回ご来院時に取り付けます。

詰め物を取り付けます

詰め物を取り付け噛みあわせの確認を行いながら、詰め物の取り付け行い、接着して完了です。

詰め物を白いタイプにした場合の症例

白い詰め物の症例

虫歯治療前

治療前

虫歯治療後の白い詰め物

治療後

詰め物を金属ではなく目立たない白いタイプにすることも可能ですが、金属に比べ耐久性が低く割れやすいため、金属をお勧めします。また、大きさや深さによって、ご希望に添えない場合があります。詳しくは、治療前に担当医にご相談ください。

虫歯についてのQ&A

歯磨きをしているのに、なぜ虫歯になるのでしょうか

磨き残しがある磨き方をしているかもしれません。お子さんが小さい場合、正しい歯磨きは難しく、特に永久歯に生え変わる6才位までは、歯並びもでこぼこしているので、歯ブラシの当て方も難しくなります。ぜひ、親御さんが仕上げ磨きをしてあげてください。

当医院では、歯垢に反応する赤い染め出し液を塗り、磨き残しのチェックを行い、正しい歯磨きの仕方をご指導する歯磨き教室を開催していますので、興味ある方はぜひ、ご参加ください。

1才6ヶ月の検診で、虫歯の指摘がありました。どうしたら良いでしょうか

1才ですと、知らない人や見慣れない診療室に入るだけで、恐怖心で泣いて治療が難しい場合があります。怖がっていない場合は、一般的な白い樹脂を詰める治療を、泣いたりして治療が難しい場合は、フッ素と歯ブラシを併用して虫歯の進行を止め、お子様が歯医者さんに慣れてきたら、白い樹脂を詰めて治療を行います。

歯の一部分が白いのですが、何でしょうか

初期の虫歯は白く濁ったように見えます。治療としては削らず、フッ素を塗布して予防する対応で大丈夫な場合が多いです。一度、歯科医院で見てもらうことをお勧めいたします。

歯の一部分が黒いのですが、虫歯しょうか

その可能性はあります。痛みを伴わずに虫歯が進行している場合もあります(神経まで到達していない場合、痛みを感じません)。悪化する前に早めに、治療を受けてもらうことをお勧めします。

子供が歯医者さんが嫌いで、泣いたり暴れたりして治療が進みません

当医院は、小児専門ですので、お子さんの様子を見ながら対応し治療に当たります。他の医院で治療が出来ず、断られたお子さんもお気軽にお越しください。

嫌がって先延ばし、症状を悪化させるよりは、ご来院時にしっかり治療をして頂きたいと考えております。そのため、治療にお時間がかかる場合がありますので、治療後の予定を入れずにご来院ください(治療に3時間近くかかるお子さんもいらっしゃいますが、しっかり治療をして帰られます)。

また、どうしてもぐずるようでしたら親御さんのご了解のもと、保育士さん、親御さん、みんなでお子さんを支えて頂き、治療を行う場合もあります。

銀歯が取れました。再び接着して使えますか

問題がない場合は、洗浄して接着し、再び使うことができますので、お持ちになってください。お餅やガムなどで、取れたお子さんがたまにいらっしゃいます。大人の歯に比べ、乳歯は神経まで浅く、深く削ることができないため、取れやすい傾向にあります。