歯の怪我
(ぐらつき・抜け)

歯のぐらつき、折れてしまった、怪我の治療について

義歯の差し歯転んで、歯をぶつけてしまい、ぐらついている時は、左右の歯と一時的に接着し固定させます。

1ヶ月ほど様子をみて、治っているようであれば、接着を外し治療終了です。

歯が折れて、根元だけが残っている場合は、義歯を製作して、根元を使い修復します。

歯が抜けた怪我の治療について

抜けた歯の様子抜けた歯が、綺麗な状態で残っている場合は、30分以内にお持ちください(詳しくは下記Q&Aをご参考ください)。歯に付着した汚れを落としたうえで、抜けた部分に戻し、様子を見ます。

元の位置に歯を戻すのが困難な場合や歯が無い場合は、義歯をお作りいたします。

歯の怪我の治療の流れについて

お口をぶつけ、歯がぐらついている怪我の治療の流れについて、ご紹介いたします。

ぐらついている歯の左右に樹脂を塗ります

ぐらついた歯の治療怪我した部分をきれいにし、左右の歯に固定する樹脂を塗ります。

樹脂を固めて接着させます

光で樹脂を固定液状の樹脂を特殊な光を当て、左右の歯と固定します。

樹脂が固まり治療が完了です

樹脂が固定固定した樹脂は、歯と同色で目立ちません。1ヶ月後に状態を確認し、治っていれば接着を外します。

歯の怪我についてのQ&A

子供が歯をぶつけ抜けてしまいました。どうしたらよいでしょうか

怪我で歯が抜けた場合は、抜けた歯を水道水で軽く洗い、汚れを落とします(長くても数十秒程度。洗いすぎると歯の根元の膜が死んでしまいます)。次に、コップに牛乳を入れ30分以内に歯科医院へお越しください。

子供が転んでしまい、口をぶつけ歯茎から血が出ています

早めに歯科医院に行き治療を受けてください。早く治療を受けることで、治り具合に大きく影響します。当医院では、診療時間内であれば急患対応致しますので、お電話で状況をお伝えし、ご来院ください。