シーラント

シーラントについて

シーラントのイメージシーラントは、歯の溝に樹脂を埋めることで、虫歯を防ぐ予防処置です。

主に、奥歯の2本に対して行います。それは、他の歯と比べ、溝が深く多くあるため、食べ物などが溜まりやすく、虫歯になりやすくなるためです。

シーラントの流れについて

シーラントを行う歯を清掃

洗浄した歯の様子歯を綺麗にした上で、樹脂を流し込みます。

シーラント

シーラントの様子シーラントは液状ですが、特殊な光を当てることで固まります。

光で樹脂を固めて完了

樹脂を固め終わった歯の様子光を照射し固まらせ、奥歯の溝がふさがりました。樹脂は歯の色に近く目立ちません。

シーラントについてのQ&A

シーラントは何歳から行えばよいでしょうか

奥歯が生えてきた2才ぐらいから、永久歯に生え変わるまでの間に行うと良いと思います。特に6歳臼歯(永久歯)が出てきたときに行うと、大人の歯に対しても虫歯が防げます。シーラントは普段の食事で噛んでいると、すり減ってきますので、検診時などで再度、新しく埋め直します。